2016年3月6日日曜日

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はとにかくすごかった


噂のマッドマックス見てきました。
公開時からいろんな評判を聞いていたけど見逃してて、ようやく見れた。

面白かった!
さんざん面白い面白いと聞いていたのは、嘘じゃなかった。
批評なんか無意味な、理屈抜きの面白さ。
これをつまらないって言う人、いないんじゃないかな。

内容は、ごくシンプル。
弱者が巨悪を倒すという、ヒーローものの王道。
タネも仕掛けもない。
それを、ほぼ全編アクションで見せる。
セリフも恐ろしく少なくて、人物の背景や関係性や、状況説明もなし。
なのに、アクション映画なんて興味ない僕でもずっと引き込まれっぱなしでした。
B級感も満載で、色々ツッコミどころも多いんですが、その全てをねじ伏せる、有無を言わせないパワーを持った映画です。

ほとんどCG使ってないらしいけど、なんかもうCGなのか何なのかも分からない、圧倒的な映像。  
細部まで作り込んだ世界観がまたすごい。
Youtubeで予告編を見た時には、なんか今時のSFアクション映画ぽく思えて全くそそらなかったんですけどね、劇場で見ると全然違います。
カット割りが速すぎて、細かい部分や、何がどうなったか訳の分からない箇所もあるけど、そんなの全部どうでもいい。
その点は、漫画だけど「ジョジョ」に似てるかも。
内容的にも、「ジョジョ」の一部・二部のファンは、絶対この映画気にいると思います。


とにかくセリフがない。
セリフがないのに、登場人物の心の動きがアクションの連続の中から伝わってくる。
こんなに何も説明しない、それなのにサムシングが伝わってくる映画って、他にないと思います。
それも含めて、息つく間もないままにラストまで突っ走るので、身体も、心も持って行かれてしまう。
見終わって、疲れましたよ。


なんかもうね、既成の映画の概念を超えてますよ、これは。
「観る」んじゃなくて「体験」する映画。
僕は3D、4Dとかには懐疑的ですが、この映画だけは4Dで「体験」してみたい。
映画鑑賞より、何か遊園地とかのアトラクションみたいな感覚です。
で、繰り返しますけど、ただ「スカッとする!」とかいうんじゃなくて、ちゃんと人間が描かれてる。
心が揺さぶられます。
もちろん、身体も。

これは、本当に劇場で見た方がいい。
というか、家で見たら面白さが半減どころかほとんど分からないんじゃないか。
見て損はしないです。
劇場で見れるうちに、行っといた方がいいですよ!
他のどんなものとも違う映画体験が味わえます。

好きな映画はいっぱいあるけど、そのどれとも比べられない、スーパー独特の、映画に期待するものを超越した、意味不明に面白い作品でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿