2014年12月12日金曜日

ここ数日、思うこと

~お知らせ~
12月7日、三鷹にある音楽バー、バイユーゲイトが火事に合いました。
隣のビルからの出火が燃え移ったもので、被害により営業停止、いまだ再開の目途は立っていません。
大好きなお店です。
音楽を全肯定で愛する、ピュアなお店です。
少しでも、僕のことが好きだったり、興味があったりするのであれば、是非、再開支援の寄付をお願いします。
1000円でも2000円でも、未来の飲み代と思って。
そして、再開した時には、バイユーゲイトで一緒に飲みましょう。
ライブでも、お店で最高の演奏をすることを、約束します。



ここ数日、いろんな感情が動きました。
やはり、バイユーゲイトが燃えたことは大きいです。
火事の翌日、現場に行き、マスターの有さんと話したこと。
Facebook上に支援のページが立ち上がり、そこで毎日たくさんの人の言葉に触れる。
なんというか、心が動きます。

僕は、3.11の時はアメリカにいて、帰国したのは6月です。
いろんなことは、聞いたり、知識としては知ってます。
でも、経験してません。
ニューオリンズに行ったのは、ハリケーンの2年後。
傷あとは、見たし聞いたし、でも、体験してません。

一緒にするな、とか、言わないでください。
今回の出来事は、僕の人生で初めて、リアルタイムで身近に起こった、大きな災害なのです。
そこでの、色んな人々の感情に触れ、自分の感情に驚き、ある意味とまどっています。
問答無用で、感動します。

震災の後の、「がんばれにっぽん」的なの、大嫌いでした。
今でも、嫌いです。
劇団四季やスターバックス店員の笑顔が嫌いなのと同じように。
でも、その「がんばれ」の根底には、いま自分が感じているような感情が流れていたんだろう、とも、想像します。

数日余裕がなく、今日、カンパをします。
まず、3000円出そうと思います。
それを、飲み代の感覚で、定期的にやろうと思います。
悔しいことに、お金がないので。
まとまった収入があったら、そこからプラスで払うかもしれません。


人の感情を、聞くこと、想像すること、共有すること、寄り添うこと。
それは、誰でも簡単にできることじゃないな、と思います。



15年以上前の僕のライブを覚えてる、という人に出会いました。
それは、割と大きな会場で、あるシンガーのバンドの一員としてだったので、僕を覚えていることに驚きました。
あの時のライブは良かったので覚えている、と。
嬉しいです。
まだ楽器を始めて数年の頃。
ミュージシャンとしては未熟もいいところだったはず。
それでも、何かが伝わって、残っていた。
それは僕の表現のコアの部分で、最初からあって今も変わらないもの。
とても、嬉しいことです。


自分の中の感情が変化することで、周囲の見え方が変わります。
実際は、何も、変わってないのに。

今日はGWO会議。
明日はまたポーキーズのライブです。
サックスを吹くのは、あと何回だろうか。
自分の感情がどう動くか、予想もつきません。
流れに身を任せて、進むことしかありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿