2014年12月10日水曜日

昨日のこと。リハとライブ。

昼から高橋絵実さん、ピアノのセンチメンタル岡田くんと3人で、新宿でリハ。
2/12の絵実さんのワンマンに向けて、曲を選んだりキイを決めたり。
確認作業が主なので、僕はあまり演奏せずに聞いていました。
相変わらず、絵実さんの声は素晴らしい!聞き惚れます。
ワンマン、気合い入るなー。

夕方から代官山へ移動。
「山羊に、聞く?」でライブです。
コロリダスのけんた君とデュオ。
けんた君は相変わらず強気(?)で、数時間前になって新曲を4つも送ってくる。
Dropboxの接続が悪く事前に音源を聞けず、けっきょくサウンドチェックの時に曲を確認しました。

ライブは、メキシカン・ブッフェ付き。
タコスやらスープやらのメキシコ料理をいただきました。
僕、メキシコ料理大好きなんですよ!
サンフランシスコにいた時なんか、毎日昼夜タコスばっかり食べてました。

実は、初めての海外はメキシコだったんです。
誘われて、メキシコについて何も知らずに出かけました。
そしてハマりました。
美しくてあったかい国でした。
老後はメキシコかニューオリンズで暮らすのが夢です。


リラックスしたライブでした。
新曲はさすがに覚えきる自信なかったので、譜面見てやりましたけどね。
歌の人と二人でやるのって、好きだなー。
一緒に、自由にやれる。
会話してるみたいに。
もちろん、言葉の通じる人じゃないとダメですけどね。
いろんな編成で演奏してきたけど、僕は2人が好きみたい。

会場には若いお客さん、それも女の子が多くて、ノリが良くってやり易かったです。
リハを積んだカッチリとしたステージとは対極だったけど、見てる人はみんな楽しんでくれたと思います。

そして、主役のサボテンブラザーズ。

メキシコ好きの僕にはたまりません。

思い出します。
メキシコシティ滞在中のある夜、友達と散策してたら、突然大きな公園に出ました。
お祭りと思うほど人がたくさん集まっていて、公園の端の方には飲み屋が並び、みんな楽しそうに飲んでる。
いくつものバンドが音楽を奏でています。
豆電球がいっぱいぶら下がってて、映画のワンシーンみたいで、本当にこの世のものでないくらい美しかった。
それから毎晩、楽器を持って通いました。

そんな思い出が蘇りました。
シェリート・リンドを歌いながら出てきて、会場を練り歩いてからステージへ。
予想通り、喋りも達者です。
もちろん音楽もいい。
コミック・バンドのようでもあります。

でも、その見かけとは裏腹に、社会派の側面も。

設定としては、メンバーは外国人。
外国人が日本のいい所に気づいてそれを世界に発信する、というコンセプトのようです。
でも、それよりも、日本の問題点を鋭く指摘する、と表現する方がぴったりくるんじゃないかな。
けっこう、グイグイ来ます。
僕の期待を超えた、異色のバンドでした。

そしてライブ後は、なんとお客さんとの撮影タイム!

あれだけ社会批判してたのに関わらず、お客さんはみんなニコニコと楽しそうに列に並びます。
不思議な光景でした。

僕らも一枚。

サボテンブラザーズ、すげー楽しいですよ!

ライブ後に話したら、いつもより社会批判は抑えめだった、と。
えー!あれで?
前の方の席の女の子なんか、消費税問題でいじられてビックリしてたと思うけど。
もっとメキシコ音楽の話したかったな。
まあ、また次の機会に。

「山羊に聞く?」は、いいお店です。
まず雰囲気がいい。
食べながらゆっくり聞けるし、音もいいからやり易いし。
12/27に、またコロリダスで出ます。
今度は、管楽器も何人かいる大編成でやるとのこと。
これも楽しみです。

いい夜でした!

0 件のコメント:

コメントを投稿