2014年11月19日水曜日

高橋絵実リハ&あがた森魚ライブ

昨日は高橋絵実さんとの初リハーサル。

ピアノのセンチメンタル岡田くんと3人でスタジオに入りました。

リハだし風邪気味だしで、絵実さんは声も抑え気味。
それでもゾクっとくる。
たまりません。
リハなのに。

絵実さんの曲はマイナーが多いです。
キイも、BとかF#とかあります。
僕、苦手なんですよね。
ニューオリンズジャズだと、キイはBb、F、C、Eb、Abしか出てきません。
ごくたまーにGとDbがあるくらい。
マイナーの曲も少ないです。
なので、あんまり練習してこなかったんですよね。
大学はジャズ科だったんで12keyの練習したけど、忘れました。

でも!
僕は練習しますよ!
BもEもマイナーも!
絵実さんが歌いやすいキイに合わせられるように。
この人の歌のためなら。
って思わせてくれるシンガーと出会えて、幸せです。

リハ後、アップリンクへ。
あがた森魚の上映&ライブ。

あがたさんは、僕の音楽の師です。
楽器をやる前から、ファンでした。
20代の最初の頃に出会い、しばらく一緒に演奏しました。
その後も機会あるごとに演奏し、ニューオリンズ時代も、帰国中にライブやレコーディングに参加しました。

作家としても、歌手としても、最高です。
そして、実はパフォーマーとしても、すごい。
ステージで、あそこまで突き抜けられる人を、僕は知りません。
そこいらのロックだとかパンクだとか言ってる兄ちゃんが哀れに思えてくるくらいです。

あ、いけない。
また長くなりそうなんで、ここまで。

会場前にご飯。

絵実さんも岡田くんも、だいぶディープな経験をしてきたみたいで、興味深い話が尽きません。

あがたさんは、常にビデオカメラを持ち歩いています。
そして毎日撮り溜めたものを、ひと月分まとめて編集し、月報みたいにして上映してるんです。
もう7〜8年も、毎月上映してるんですよ!すごい。
上映のあと、弾き語りライブ。
久しぶりに聴きました。
上手い歌手って星の数もいて、彼らは常に安定して70〜90%くらいのパフォーマンスをする。
でも、あがたさんの歌には、120%、時には1000%の瞬間がある。
それが心に突き刺さる。

終わってから、近くの飲み屋へ。
絵実さんと岡田くんを、あがたさんに紹介したかった。
あがたさんと飲むのも久しぶり。
マネージャーの倉科さんとも久しぶり。
他にも久しぶりの顔がある。
やっぱり、会うって大事ですね。
そして相手が音楽家なら、ライブに行くこと。
行ってよかった。



そして本日は、ゴールデン・ワックス・オーケストラのライブです。
Excello Festival vol.2!
高円寺トラゲットにて、21時から。
2000円でウーロンハイ飲み放題+軽食付き。
お近くの方は是非!


0 件のコメント:

コメントを投稿