2014年11月15日土曜日

ダウンベストが欲しい!



寒くなりました。
ウチは古い一軒家なので、とても寒い。
まだ暖房入れてないけど、真冬は暖房あっても寒い。
 
同じように古い一軒家に住む友人と話してたとき。
作家で、家で仕事するから寒くて仕方ない。それで、家の中でダウンベストを着てると言います。
全然違いますよ!と。
 
それを聞いてから、ダウンベストが頭の片隅にずっとあって。
いよいよ、欲しい。
雑誌を眺めてみたり、ちょっとお店を覗いたりしましたが、まあ安くはないわけですよ。 
僕がダウンをなめてたんですね。
ベストなら、生地面積も少ないし、安いだろう、と。
甘かったです。
 
冬ものは高いです。
値段と暖かさは比例します。
夏ものなら、安い古着でも柄が面白ければ、とか思うんですがね。
そもそも今回は、寒いからダウン買おうと思ってるわけですから。
 
そして、買うならかっこいいのじゃなきゃ。
そうすると、さらに選択肢が少なくなります。
たまに、おっ!と思って値段を見ると、やっぱり高い。
 
何でもいいから、とりあえず部屋用として買えば?
という人もいます。
 
僕、それダメなんですよ。
外に出ないから、人に見られないからいいじゃん、っていう考え方が、ダメなんです。
人に褒められたくて服を選ぶわけじゃなくて、自分で自分を褒めたくて着るんです。
もちろん誰かに褒められたら嬉しいですよ。
でも、それより自分に対して納得できる方が大事。
自分のこと好きでいる瞬間が多い方が、1日が楽しい。
 
だから、「部屋着」という発想もないです。
こだわった部屋着であればいいかもしれませんがね。
楽なこと優先の服っていうのがダメ。
僕は、起きたら着替えるし、ベッドに入るまでは外と同じ服を着てます。
あるいは、帰宅してシャワー浴びても、また普段着を着ます。
かっこ悪い自分を、好きになれないですから。
 
服は僕にとって、保温機能の備わったモノではなく、人に見せるための飾りでもなくて、自分を好きになるためのツールなんです。
 
というわけで、果たして僕はダウンベストを買うのか。
そして、こうやって書いてると、だんだん買いたくなってくるから恐ろしい。
今後の展開を、お楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿