2015年8月21日金曜日

坂本誠!こんなライブがしたかった!

昨晩は、バンジョー坂本さんとデュオでのライブ。 
いやー良かった!
あんなに地味で味わい深いライブになるとは!


僕のことを、エモーショナルなプレイヤーだと思っている人がほとんどだと思います。
感情を吐露するような、シャウトするような。
演奏していると、どうしても興奮してそうなってしまいます。  
でもリスナーとしては、実は抑えた演奏も好きなんです。
感情を表面に出さず、抑制した、音数の少ない演奏。
地味だけど深みのある演奏が、大好きなんです。

坂本さんは、正にそういうプレイヤー。
表面的な音を超越したような、もう何だかよく分からないけど心に響くような。
そんな坂本さんの滋味溢れるプレイに触発されて、僕自身も抑えた演奏ができた。
サブトーンのような音色で、思いっきり吹くことはほとんどありませんでした。
音域もほぼ中低音に留まり、たまに高音を使うときも、シャウトというよりファルセットのような感じで。
この感じこそ、僕が憧れるクラリネットのスタイルです。

こういう演奏ができる機会はなかなかありません。
試みたことはありますが、上手くいきませんでした。
共演者に、影響されてしまうんですよね。
一緒にやる人によって、自分でも驚くほどに演奏内容が変わってしまいます。
まあ、それってどうなんだろう、と思いますけどね。
誰とやっても同じクオリティでやらないといけないな、と。
もちろん、時と場合によっては割り切ってやりますが、ライブとなると、なかなかできないんです。

昨日は、良かった。
坂本さんに影響されて、いい演奏ができたました。
もちろん、デュオでのライブは初めてだし、アラもあったけど。
それでも、思い描くイメージから逸脱せずに演奏できたことに満足しています。
この方向で、もっと詰めていけたらいいな。
また絶対やりたいです。
やります!

1st SET

St. Louis Blues
I Ain`t Gonna Give Nonebody None Of My Jellyroll
Buddy Bolden Blues
When My Dreamboat Comes Home
Whenever You Are Lonesome
In The Sweet Bye & Bye

2nd SET

Careless Love
You Don`t Love Me
Why Should I Cry Over You
Down By The Riverside
Louisiana Fairy Tail
Second Line

3rd SET

If I Could Be With You
In The Good Old Summertime
Because Of You
Lonesome Road
Tishomingo Blues
Just A Closer Walk With Thee


今夜は新橋の ARATETSU UNDERGROUND LOUNGE で、バンジョーとデュオで演奏します。
ライブではなく、BGM演奏です。
もちろんチャージもないので、お気軽にお立ち寄りください。

0 件のコメント:

コメントを投稿