2015年8月12日水曜日

リード探し - Alexander、Gonzalez、Marca、イシモリ

リードで悩んでいます。

ここ4〜5年くらい、Alexanderのリードをずっと使っています。
Superiorの2.5番。


僕は薄いリードを使いますが、薄いとどうしても音が軽くなりがちなんですよね。
ラ・ヴォーズとかそういう傾向があると思います。
でもAlexander Superiorは、抵抗感がないのにコシがあって、息をどれだけ入れても受け止めてくれる。
僕にとっては理想のリードです。

でも、売ってないんですよ。
なので、海外からまとめ買いするか、新大久保のDACで取り寄せてもらっていました。

しばらくぶりに海外から買おうと思って、いつも使ってるサイトを見たら、なんと閉店している。
他を探しても全然売ってない。
売ってるものはすごく高い。
なんで?

Alexanderはサックスでは人気があるリードなので、会社がなくなることはないはずです。
まさかクラリネットだけ廃盤?

今度はDACに注文してみました。
そうすると、Alexander側の担当者が捕まらず、なかなか入荷時期がわからない、とのこと。
まいったな。

それで久々に、他のリードを試してみることにしました。
Alexanderは最高ですが、なかなか買えないのは困ります。
すぐに手に入るリードで他にいいものがあれば、乗り換えた方が楽です。
お店の詳しい人に相談して、傾向が近そうなリードを買ってみました。
ゴンザレスとマーカ。

右からGonzalez RC、Marca Superieure。
左端はイシモリのリードで、先月のライブの際に家にリードを忘れ、間に合わせで購入したものです。

ゴンザレスは、FOFというモデルが有名ですが、こっちのモデルの方がヒールが薄めだしアンファイルドで、いいんじゃないか、と。
吹いてみると、反応もよく、とてもいいリードです。パワーもあります。
でも、音がまとまりすぎる。
まろやかでクラシカルな音色になってしまう。

マーカは、まあ普通かな。
悪くないけど、やはりAlexanderほどのコシとパワーはない。

この二つよりは、イシモリの方が好みです。
でも、よく鳴るけど、やっぱりどこか上品なんですよね。

そもそもクラリネット奏者の殆どは、例えポピュラー音楽であっても、クラシックのコンセプトで吹いています。
なので、クラシックのホールで響くような、美しい音色の方向性のものしか需要がないのかもしれません。


リードで困るのは、たいてい10枚入りだということ。
10枚で2500円くらいが平均でしょうか。
なので、買ってみてイマイチだったとしても、捨ててしまうのは勿体無い。

やはり今のところ、Alexanderを使い続けることになりそうなので、今回買った分のリードは、練習用として活用します。
25枚ありますから、当分練習には困りません。

Alexander、いいですよ!
Superior以外のモデルも全部いい。
使ってみてください。
需要が増えれば、楽器店での取り扱いも始まるかもしれませんし。
まあ、現状、どこにも売ってないんで、試すにも試せないという・・・。

余談ですが、僕はなんとAlexander氏と同じ歯医者に通っています。
日本在住の様です。
直接会ったことはないのですが。
先生を通じてリード頼めないかなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿