2015年5月9日土曜日

Bulletproof Musician: 頭の中の蚊を追い払う -「オープン・ループ」

Bulletproof Musician という英語のサイトの記事を、ランダムに翻訳するシリーズです。
ミュージシャンのメンタル面に関する内容を扱っています。
音楽をやっていない方でも、自己管理やマインドの問題に興味があるなら、是非ご一読下さい。




A Simple Strategy for Worrying Less and Practicing More Productively
http://www.bulletproofmusician.com/a-simple-strategy-for-worrying-less-and-practicing-more-productively/



祖父はいつも、リビングで新聞を広げていました。
テレビをつけて、ラジオも聞きながら、スポーツ欄を読むのです。

幼い私にとって、3つのことを同時に行う祖父の姿は驚きでした。
しかし、マルチ・タスクが日常となった現代の感覚では、ちっとも驚くことではないでしょう。
テレビに加えて、Eメール、 SNS、子供の世話、仕事やその他の雑務、様々な付き合い等々。
祖父の世代が1年かけてやることを、朝食前に済ませてしまっているかの様です(だいぶ誇張した表現ではありますが)。

マルチタスクを求められる機会は増え続け、多くの職場において重要なスキルとなってきています。

自分のマルチタスクのレベルを知るための簡単なテストを、次に紹介します。


The David Copperfield multi-tasking test

※ ビデオは英語ですが、難しくはありません。1分で終わります。
デヴィッド・カッパーフィールドによる簡単な説明の後、車が動き出します。
ナレーションで "Magic" と言う回数と、車外のスクリーンにカッパーフィールドが映る回数とを同時に数えるのです。


どうでしたか?
なかなか難しかったのではないでしょうか。

マルチタスクにはコツがあります。
最初からできる人間はまずいません。

二つ以上のことを同時に意識するのは、脳の仕組みからして無理があります。
このことについては、John Medina’s の書いた Brain Rules (リンク先は英語です)で詳しく説明されています。
一度に複数のことを行う場合、それぞれの作業効率は下がるものなのです。


練習時の集中力

集中して練習していて、気づいたら時間が経っていた、ということがあります。

反対に、余計な思考が次々と浮かんできて集中できない日もあるでしょう。
それはまるで、練習室に蚊が入り込んで頭の周りを飛び回っているようなものです。

こうした、雑念のせいで練習がはかどらないという経験は、誰しもあるはずです。
どうすれば頭から蚊を追い払い、集中した練習ができるでしょうか。


不安の常駐

心理学でよく用いられる “不安の常駐” という概念があります。

何かが繰り返し意識に浮かぶ時、実際にはその事柄と無関係な状況にいるはずです。

例えば、パートナーとケンカをしたとします。
どうしたら仲直りできるかという考えが、仕事中も頭から離れません。
仕事をしながら考えても、いいアイディアが浮かぶはずがないにも関わらず。

あるいは、仕事の後でタマゴとシリアルを買って帰る約束をしたのを思い出したとします。
しかし、午後1時に2時間後のリハーサルの準備をしている最中に、夜の買い物についてできることは何もありません。


オープン・ループ

これは、課題に対して明確な解決プランが立てられていない状態で、 “オープン・ループ” と呼ばれます。

オープン・ループがあると、その課題が頭から離れずにストレスとなってしまいます。

例えばニューヨークで、ちょっと買い物をしようと駐車禁止の場所に車を停めたことはありませんか?
たとえ数分の間だけでも、切符を切られないか心配しながらでは、買い物に集中できません。
駐車場に停めて買い物を楽しむのとは、大違いです。


ループを閉じる

集中して効率の良い練習を行うためには、オープン・ループを閉じる必要があります。

課題そのものを解決する必要はありません。
ただ思考がループしないようにすれば良いのです。

ノートかメモ帳を用意して下さい。
練習中に頭に何か浮かんだら、それらを全て書き留めましょう。
そして、書き留めた課題にいつ取り組むのかを決めるのです。

ただ書き留めるだけでは効果はありません。
課題に取り組む時間を決め、確実に実行しなくてはなりません。
さもなくば、脳はすぐにこの方法を信用しなくなり、ループが再開されるでしょう。

パートナーとの喧嘩が頭を離れなければ、例えば、ランチの時に考えると決めるのです。
サンドウィッチを食べながら、30分間もあればいくつか解決策が浮かぶことでしょう。

買い物の例では、忘れないようにアラームをセットするのが良いかもしれません。
位置情報を関連づける仕組みがあれば、より効果的です。


The one-sentence summary

“いくら心配しても未来の悲しみはなくならない。ただ今日の輝きが失われるだけだ”
コーリー・テン・ブーム(Corrie ten Boom)

0 件のコメント:

コメントを投稿