2016年6月29日水曜日

『Goldwax Night with 麻田浩』



今度の土曜、Golden Wax Orchestra のライブです。
バイユーゲイトでの、ツーマン企画。
今回の共演者は、なんとバンドではありません。
あの伝説的「呼び屋」Tom's Cabin代表の、麻田浩氏です!!

麻田さんは、日本の音楽界における Living Legends の一人です。
独立プロモーターのパイオニア。
ヒットの有無やチャート順位などに日和ることなく、本当に良質な海外ミュージシャンをたくさん日本に連れてきています。
初期のトム・ウェイツやコステロ、エリック・アンダーソンにラモーンズ、そして、ジェイムズ・カー。
O.V.ライトの代打でオーティス・クレイが来日した時のライブも、麻田さんの手によるものです。
詳しくは、Tom's Cabin のHPを。
プロモーター業の他にも、SIONやピチカート・ファイヴを世に出し、自らも歌います。
もともとマイク真木と組んだモダン・フォーク・カルテットとしてデビューし、バンドで渡米していますからね。
あらためて、すごい経歴の持ち主です。

僕が麻田さんの存在を知ったのは、Tom's Cabinが主催した、ジェフ・マルダーの復帰ライブです。
ジェフが日本のファンに向けて書いた手紙を、麻田さんが訳してライブ会場で配り、ステージで挨拶もしたと記憶しています。
その時の手紙、いまは持ってないけど、感動的な内容だったな。 
歌を止めて裏方に回り、そしてまた歌う生活に戻った、その心が正直に語られていました。
若い頃、何度その手紙に勇気付けられたことか。
来日初日のスターパインズ・カフェで、ジェフは体調が悪く数曲で引っ込んでしまい、最終日に振り替えライブが行われました。
誠実で素晴らしいライブでした。
あれから何年経つだろうか。
こうやって、まさか麻田さんと一緒にライブをやる日が来るとは。
とても嬉しいです。


バイユーゲイトの10周年ライブでGWOを見た麻田さんが、いいね!俺もGoldwax好きなんだよ!こんど歌わせてよ!って、言うんですよ。
GWO見て、歌わせてよ!って言ってきたのは、麻田さんが初めてです。
だって、ギターとクラだけで、クラはずっと歌の替わりを務めてるんですよ?
そこに入って歌いたい、って、どういうものをイメージしてるんだろう?
全く謎ですが、僕の何倍も死ぬほど音楽を聞いてきた方なわけですから、何かあるんでしょう。
いや、ないかもな。
でも面白そうだな。

というわけで、一緒にやってみることになりました!
トーク&ライブ形式です。
「Goldwax Records」をテーマに、麻田さんが語ります。
そして、歌います。
バックは、GWO+1。
ウッドベースに、元ボガルサ、高円寺のリズム番長、イトウダイが加わるスペシャル編成です。
そして、われわれGWOのステージも、今回は Goldwax Recordsの曲しかやりません!
ゴールデン・ワックス・オーケストラって名前は、もちろんGoldwax Recordsからとってるんですが、実はあまりGoldwaxの曲を演奏してなかったんです。
今までやったのは4曲のみ。
なので、いい機会です。
新曲たっぷりで挑みます!

どうなるか自分でも想像つかない分、楽しみです!
麻田さんて、意外にソウル〜ブラック・ミュージックの印象がないと思うんですよ。
ロックというか、アメリカン・ルーツ・ミュージック寄りの活動が多いですからね。
だから、こうしてソウル・ミュージックをテーマに語ることって、あまりないはずです。
GWOも、最近のイケイケのライブとは一味違った内容になると思いますしね。
貴重な夜になるでしょう。
見逃せませんよ!

7月2日(土)
『Goldwax Night with 麻田浩』
出演:Golden Wax Orchestra / 麻田浩(Tom's Cabin)
開場 19:00 開演 20:00 料金 2000円(+要1drinkオーダー)


0 件のコメント:

コメントを投稿