2016年7月26日火曜日

ポケモンGOなんてやるなよ

本当に、みんなやってる。
そこら中で見かけます。
スマホ持ってさまよう姿で、すぐわかる。
友達でも、おまえもか!ってツッコミたくなるほどやってる。

僕はまったく興味ないです。
そもそも、ケータイゲーム自体やらないし。
それ以前に、ファミコンプレステ類もやんなかったし。
ゲームとかパチンコとかって受け身のもので思考停止のただの暇つぶしに過ぎなくて、そんなただ時間が過ぎてくだけの何もない人生なんてゴメンです。

ポケモンGOは違う!
とか言う人がいる。
なぜなら外に出るゲームだから。
未知の場所での発見があるから。
人と繋がれるから。
アホか。
そんな日常的で当たり前なことに希望を見いだす時点で、もう末期だと思う。

それに、外に出てもスマホの画面しか見てないんじゃ、家にいるのと同じ。
イヤホンもして、隣の俺のことは全く視界に入ってない。
そいつの脳には、外界の情報は届いてないよ。
風が吹いてることすら、気づかないと思う。
夢中になるって、そういう状態でしょ。
だいたい、楽しそうにも見えない。  


外出するからいい、って言うなら、1人で気軽には行けない場所にポケモン設置すればいい。
山の上とか。
ザイルで2人で登るとこね。
そしたら、そこに行くためにトレーニングから始めなきゃいけない。
ジムに通ったり相棒と計画を立てたりする過程で、スマホの画面からは得られない何かを発見するはず。


引きこもりの人が、部屋から出るようになるんだよ!?って言う。
それを叫んでる人、あなた引きこもりじゃなかったでしょ?
それ、引きこもりの人をダシにして、ゲームやることを正当化したいだけじゃん。

引きこもりに有効だから素晴らしい!ならポケモンGOは許可制にすればいい。
医者とか何か認可機関に申請して、許可された人だけがやる。
期間を決めて。
で、一か月後にまた医者行って、まだ必要なら延長する。


ポケモンGOで人生が開けた人も、ゼロじゃないでしょう。
本当に幸せになれた人もいるかもしれない。
でも、そういう人はごくごく一部で、彼らはきっとポケモンGOじゃなくても、別のきっかけでも幸せになれたんだと思う。
同じことやっても、楽しめる人とそうじゃない人がいる。
で、楽しめる人は、何でも楽しめる。
そういう一部の人は例外としておいて、大部分の人がどうなのか、ってことを見るべき。
町で出会うやつらの顔を見ても、わー楽しそう!俺もやってみたい!なんてぜんぜん思わないもん。
逆に、ぜったいやりたくない!!って思います。

ゲームでも何でも、そりゃ楽しいでしょうよ。
でも、もっともっと楽しくて、一過性じゃなくて、そして中毒性もなくて、それをやることで普段の人生も楽しく明るく感じられるようになることが、いっぱいある。
僕の場合は音楽や映画がそうかもしれない。
音楽に熱中することで、それ以外の時間もより充実してくる。
そのプラスのサイクルを一回経験したら、色んなことを何でも楽しめるようになります。

ポケモンGOが、そうやって新しいことに目を向けさせてくれるならいいけど、逆みたいだから、好きじゃないな。
だって、やってるあいだ、自分の世界にこもってるなんて。
外を歩いてるのに心は閉じてるって、部屋に引きこもってるよりも病的なんじゃないの?

だいたいね、邪魔なんだよ!
電車でも!
道でも!
どけー!





0 件のコメント:

コメントを投稿