2016年1月5日火曜日

人は「劣化」しない。女性は何歳でも美しい。

人に対して「劣化」という言葉を使うのが嫌いです。
どうやら彼ははかなりエキセントリックな人物のようなので、発言を間に受けるだけ無駄でしょう。
でも、僕はこの言葉については、ずっと前から不快に思っていたんです。
こうして、テレビのバラエティ番組でも発言されるなんて、いまはもう普通に使われてる言葉なんでしょうか。


アメリカから帰国してから出会った新しい言葉で、馴染めないものがいくつかあります。
「ドヤ顏」「ハードル(を上げる)」そして「(人に対する)劣化」など。
どれも、前向きな言葉に思えない。

「ドヤ顏」「ハードル」も、僕の嫌いな日本の「謙虚さ」みたいな卑屈な価値観を感じるので、嫌いです。
言い訳や自己卑下、あるいは真剣さを馬鹿にするようなニュアンスがあります。
欧米の、人を無条件で肯定して応援し合う意識とは対極の価値観で、誰も幸せになれないと思えて仕方がない。
僕は絶対に使いません。

「劣化」は、性能が落ちてダメになるってことでしょう。
機械などが経年変化で使い物にならなくなるような状態。
それを、人間に対して使うなんて、信じられない。
お前は使い物にならない、価値がない、と言ってるようなもの。
そんな人をおとしめるような差別的な言葉を平気で使えるなんて、狂ってる。
この言い方に出会う度に、不快になります。  


なんでこんな言葉が普及してしまったんでしょうか。
僕はテレビを見ないので分からなけれけど、バラエティ番組で馬鹿なタレントが面白おかしく使ったりしてるんでしょうか。
それともネットの2ch用語みたいな所から広がってきたのでしょうか。

普通に使ってる人達は、何も考えてないんでしょう。
考えようよ。
それとも、「劣化」には、歳を取って衰えたという新しい意味もある、って主張しますか?
いや、そんな数年で言葉の意味は変わらないよ。
あなたは、無意識に人をモノ扱いして傷つけるという、最悪な行為をしている。
そう、無意識というのが最悪なんです。
なぜなら、他人の気持ちが全く想像できていないということだから。  
悪意を持ってやる方が、他人の気持ちを想像できてるだけまだマシです。


「劣化」については、もう一点、嫌なことがあります。
この言葉、女優だったり女性歌手だったり、若い頃に「美人」と言われた芸能人に対して使われるのをよく目にします。
その美的感覚が、狂ってる。

日本は、ロリコンの国です。
「女子高生」を好み、小・中学生アイドルに熱狂し、アニメの人気キャラは「美少女」。
「汚れのない」人形のようなものを女性の美しさと思う男が多いのか。
まあ、日本の価値観には、女性には人格がないような、いわゆる男尊女卑の面もあるわけで、それが行き着く先が少女や人形なのは当然なのかもしれません。

でも、女性に限ったことではなく、美しいって、そういうことじゃないと思う。
バランスがいい、シンメトリーで均整が取れてる、といった造形的な美も確かにあります。
でも、造形面だけなら、均整のとれたフォルムは人工的にいくらでも作り出せる。
心に残る美しさは、それとは種類が違うと思うんです。
人の美しさは、特に。

例えば、どんなに美人と言われる女性であっても、いつでも造形的に完璧なわけはない。
24時間どの角度から見ても、化粧品のポスターに見られる修正されまくったCGのような顔だったら、美しいどころか不気味で怖いです。

人間は、人形やCGではなく生き物ですから、動きがあって表情があります。
立ち振る舞いや、話し方や、笑顔。
そうした、雰囲気やオーラと呼ばれるようなものから立ち昇る、まさに得も言われぬ美しさがあります。
それは、写真からは感じることはできません。

いくら均整の取れた顔カタチをしていても、表情が冷淡だったり眉間にシワを寄せてる人がいます。
ネガティヴなことばかり言ったり、自己評価が低くいつも背を丸めてる人もいます。
そういう人は、美しくない。
骨格は整ってるので、一瞬は美しいと思うかもしれないけど、時間を過ごすほどにそう見えなくなってきます。

目が大きくても小さくても、顔が長くても丸くても、痩せていても太っていても、美しいと思わせてくれる女性はいます。
歳を取れば、年齢なりの顔になるのが当たり前。
何歳であっても、皺があってもなくても、美しい人は美しい。
それは、シンメトリーや黄金律みたいな、単純な物質的な、計測可能な造形美とは違う。
もっと抽象的で深く、内面から立ち上る、心から信じられる美しさです。
それが見えない男性を、僕は可哀想だと思います。

実際、ネット上で劣化したとされる女性芸能人の写真を見ても、僕には美しいと思えるケースが少なくありません。
その写真は、わざと美しく見えない一枚を選んでいるんだろうけど、目を細めて写真のその奥を想像してみれば、違う表情が見えてきます。

美少女に群がる日本の男は、幼稚です。
体は成長しても、想像力は子供のまま。
不健全で気持ち悪い。
病気だとしか思えない。
実際、海外では日本人男性のそうした面をSick(病気)と呼んでますしね。


想像力がなければ、美に心が動かされる経験はできない。
想像力がないから、相手が傷ついても分からない。
そんな、想像力の欠落した社会に、絶望します。

0 件のコメント:

コメントを投稿