2016年1月29日金曜日

人のことは分からない。真実の愛なんて存在しない。

ゲスの極み・ベッキーの一件についての、デヴィ夫人のブログ。
ちょっと前のものですが、今日読みました。
『A子さん、一刻も早い離婚を!!』
川谷・ベッキーは真実の愛なんだから、奥さんは離婚して去るべき、と言います。

酷すぎて、最後までとても読めませんでした。
なので、もしかして最後の最後に違う内容も書いてあるかもしれないので、その場合は許してください。

3人の関係を決めつけてるのが非道すぎて、それが引っかかってしまって、こうしてブログ書いてます。
当事者じゃないのに、なんでそんなこと分かるの?
2人がどういう関係でお互い何を思ってて実際に何が起こったのかは、分からない。
仮に知り合いで当人たちと話したとしても、分からない。
人のことなんて、絶対に分かるわけない。

円満そうな家庭だって、家では子供を虐待していたりDVがあったり不倫してたり、そんなの、よくあることじゃん。
なんか事件があったとき、知人はみんな「あんなにいい人が信じられない」とか言うじゃないですか。

人のことは分からない。
分からないから、分かろうとしてコミュニケーションを取るんじゃないですか。
そんな簡単に分かった気になるなんて、傲慢すぎる。


もう一点。
「真実の愛」なんて、存在するわけないじゃん!
そんな免罪符みたいな天国みたいなものは存在しない。
だからこそ、愛を「保つ」努力をするんじゃないですか。
お互いに相手のことを常に見て、よく見て気持ちを考えて、自分を変えていく。
本当に相手のことが好きで関係を続かせたいなら、不断の努力が必要なんですよ。

だって、人は変わります。
考えも変わるし、実際の生活の状況も変わるし、毎日いろんな出来事にも出会う。
変わらない人はいません。
2人いたら、それぞれが常に変わっていくわけです。
そうすれば、関係性も変わる。
変わる中で、相手の変化、状況の変化、そして自分の変化に向き合って、細部を調整していかなきゃいけない。
「真実の愛」とか「ゴール」とか「運命」とか、キレイだけど、キレイなだけに、疑わしい言葉だとも思います。


何か事件や騒動があると、それに対して自分の心の奥底の思いを投影してしまうんでしょう。
今回の件の場合、不倫によって不快な経験をしたことのある人なら「不倫許せない!」と思うかもだし、大っぴらにできない恋愛経験のある人は、「真実の愛を貫いて!」となって、声を荒げてしまう。
その感情は、本当は自分の場合にしか当てはまらないはずなのに。


個人的には、これは「真実の愛」にはほど遠いと思います。
なぜなら、川谷絵音はどっちのことも本当に好きなんじゃないと思うから。
だって、結婚したり不倫したりしたわけで、その両人に対して、少なくとも一時は好意があったはず。
好意を抱き関係した女性2人が、苦しんでるわけです。
それなのに、何の行動も起こさない。
好きなら、そんな風に黙って引っ込んではいられないと思うんですよ。
いくら自分も苦しいからって。

僕はマスコミの報道は基本的に疑ってかかるので、出回ってる発言などに関しても、信用していません。
でも、騒がれて以来、彼が表に出てきて発言していないことは、事実です。
ベッキーに関してなんか、億単位でのお金が動いて、多くの人が実際に不利益を被っているわけで。
まあそれは仕事の話だから脇に置くとしてもですよ、逃げてるように見えます。

仮に「真実の愛」だとしたら、何を置いても誰に何を言われても、ベッキーを庇い助ける行動に出るはず。
そんな大きな想いじゃなくても、少しでも好きなら、何かせずにいられないと思うんですよ。

仮に本人が「真実の愛」と本気で思い込んでたとしても、相手の気持ちを想像して思いやることが抜け落ちてたら、それは独りよがりに過ぎない。
例えは良くないけど、ストーカーなんてみんな「真実の愛」と思って行動してるんだろうし。  
彼は、妻のこともベッキーもことも、思いやれていない。

たぶん、どちらのことも真剣ではない。
あるいは、これは勘ぐりですが、女性を人間として見れないタイプなのかも。
楽しくやれる可能性が少しでもある限り、女性にいいことを言える人。
そういう人、実際にいますからね。

分かんないですけどね。
誰かを愛する、あるいは愛したことのある人には、僕には見えません。


ああ、今から大阪へ行かなきゃいけない朝に、なんでこんなの書いてるのか。

おしまい。

0 件のコメント:

コメントを投稿