2014年9月9日火曜日

予告:Bulletproof Musician


Bulletproof Musician という英語のサイトがあります。


ミュージシャンのメンタル面の問題を、心理学の視点から扱ったサイトです。
集中の方法、、練習の効率化、ステージでの気の持ち方、等についてのヒントが載っています。
このサイトの記事を、ランダムに翻訳していきたいと思います。


留学していたアメリカでは、ミュージシャンはメンタル面に対する意識が高いです。
例えば、本番で緊張することを、Stage Frightと言います(ザ・バンドのアルバム・タイトルにありますね)。
ステージ上でいかに100%の能力を発揮できるか、ということについては、本当にたくさんの書物が出てます。
中でも有名な「インナーゲーム」は、翻訳も出ています。
邦訳は読んでないので分かりませんが、原書はよくまとまった良書です。

欧米では、メンタル・トレーニングは一般に広く浸透しており、瞑想を行うのも普通のことです。
ミュージシャンが、たまにインド辺りに瞑想の修行に出かけるじゃないですか。
あれも、その延長で自然なことなんだと思います。

日本のミュージシャンの間では、メンタル面について考えることは一般的ではありません。
だから圧倒的に資料も少ない。
そんな中で、いきなり本を一冊読むのは気合が必要ですし、そもそも胡散臭いような雰囲気がどうしてもあって、敬遠してしまう場合もあるでしょう。
実際、amazonで「インナーゲーム」の下の方に出てくる関連本を見わたしても、あまり手に取ってみようという気が起こりません。
なんか、ノリがね、違うんですよ。
怪しいもん。
新興宗教とか健康食品とかにも通じるような雰囲気が、なぜかある。
まあ「インナーゲーム」はまだマシだとは思いますが。
クラシック以外のジャンルのミュージシャンであれば、苦笑いして通り過ぎてしまう人が多いでしょう。
なんでこういうセンスになるのか、理解できません。

でも、真剣に楽器をやってるのであれば、集中やリラックスといった問題について考えない人はいないと思うんです。
このBulletproof Musicianというサイトは、大げさな理論や説明とかでなく、毎日の練習に落とし込めるトピックが多いので、誰でも気軽に読めると思うんですよ。
日本語であれば。
なので、訳してみようと思います。

前から考えていたことなんです。
このブログを開始する前に、サイトの運営者にもコンタクトを取って、翻訳掲載の許可ももらっています。
自分の英語力のキープにもなるだろうし。
ただねー、やっぱり面倒なんですよ、新しいことやるのは。
なかなか腰が重い。

これじゃいつまで経っても始められない!
せっかく許可ももらったのに申し訳ない!
なら、宣言してしまおう!
そしたらもう後には退けない!

と、いうことで、本日の予告ブログとなりました。

週一のUPを、予定しています。
よろしく見守って下さいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿