2014年9月25日木曜日

弾き語りの人たち

ものすごく久々に、高円寺の楽やに行きました。
たぶん10年ぶりくらいかも。

GWOの相方のワックス山本、なんと人生初のソロライブ!
何曲か参加して盛り上げてまいりました。

ワックス氏、さすがに緊張してましたよー。
ああ見えて照れ屋だから、オリジナル曲もあるくせに、カバーしかやらないって言う。
そこをなだめてすかして、なんとか1曲だけ自作曲をやってもらいました。
けっこうキメとかあって大変でしたけど。
その曲、お客さんにも好評でしたよ!

歌う人の脇で寄り添って吹くのって、好きなんですよね。その人の心の動きや色んなことが分かるから。
GWOでは僕がボーカル・パートなんで、逆の構図です。
歌う側は、相方を信頼して全部さらけ出さないといけない。
特に小編成でやるときは、そのハダカ感がたまらないんです。


アナコンダのコイケココローさん企画の、弾き語りイベントでした。

他には、しのはらさきさん。
遅れて行ったので全部見れませんでしたが、ウルフルズ・ファンだそうです。なのでもちろん変なことはやらない。そして写真撮るヒマもなく終わってしまった!残念!

そして大阪で活動するキチュウさん。

良かった!テンション高く全力で歌い上げる。
喋りも面白いし、歌もギターもいい。
いいミュージシャンて、まだまだ色んなところにいるなーとつくづく思いました。

ココローさん。

弾き語りで見るのは初めて。
いやー本当に素晴らしいボーカリスト!
言葉がないです。
声がいい人や上手い人はいっぱいいるけど、ココローさんはそれだけじゃない。もちろんボーカリストとしての技量も一級品。
これ見て何も感じない人とは、僕は口も聞きたくないです。
みんなライブ行ったほうがいいですよ。感動しますよ。
余命がない恋人とかの映画とか見て人生無駄にしてる場合じゃないですよ。


僕は管楽器なので、1人でやることはまずありません。コード楽器をいれて最小で2人。
だから、1人でやるのに憧れます。
1人でステージに立つ、ってどんな気持ちだろう、と思います。
いつか、何かのきっかけで1人で立つことがあるだろうか。
そのとき何を思うだろうか。
弾き語りで立つ人、尊敬します。



0 件のコメント:

コメントを投稿