2016年10月1日土曜日

FUCK マイナビニュース& Asagei plus !!!

長谷川豊が、先日のブログ騒動が原因で、レギュラーのテレビ番組を降ろされたそうです。

この件を、マイナビニュースで知りました。
SNSで誰かがリンクを貼ってたんです。
長谷川氏がブログで降板について書いた文章を引用しながら、記事は書かれています。
それを読んで、「けっきょく反省もしてないし自分が偉いと思ってる、残念な人なんだな」という印象を持ちました。
それから、元のブログも読んでみました。

そしたら、ぜんぜん受ける印象が違う。
普通に、反省してるじゃないですか。
「〜そういうわけにもいかなかったのでしょう」という一文も、
マイナビの記事では、自分は正しいがテレビ大阪側には理解がなく、不本意ながらバカなテレビ局の判断に従わざるを得なかった、と読めます。
でも、ブログの文脈では、自分の考えが甘く予想外の結果になってしまった、と言っている。

全体を通して、おごっていない正直な文章だと思います。
それなのに、その中から特定の一部分だけを切り取って、ぜんぜん違う印象を与える記事ができあがる。
これ、印象操作じゃないの?
ああもう本当にマス(?)メディアというのはこれっぽっちも信用できないよ!
事実を伝えるだけじゃ支持を得られないから、こうしたウソをついて、強引に受け手の感情に訴える。
これじゃあ、ニュースを伝えると装って、ストレスや怒りのハケ口を提供してるだけ。
ニュース詐欺です。


これは、どこまで作為的なのか。
マイナビや多くのネットニュースは、無記名です。
誰が書いたかわからない。
変な文章が「記事」として普通にたくさん出回ってるし、きっと書く訓練を受けてない、素人に近い「記者」がたくさんいるんじゃないか。
そういう素人記者だと、自分の感情に流されてバイアスのかかった記事を書いてしまうことも多いでしょう。
あるいは、経験のある記者が、「長谷川豊=悪」というイメージを記事に織り込んだ方が支持を得られる、という読みで、計算づくで書いたのか。

わからないけど、マイナビニュースには記事の質を保つためのチェック機能が備わっていないのは、事実でしょう。
もちろんいい記事もあるだろうけど、ひどい記事がありすぎる。
ニュース記事なのに、語尾や形容詞に口語が混じってるような信じられないレベルのものも目にしますからね。
これはマイナビに限らずニュースサイト全般に言えること、というか、僕が特定のニュースサイトを読んでるわけじゃないので、いっしょくたにしてます、すみません。



と、ここまでは昼間に書いて、いま帰宅して書き上げてアップしようとして、その前に少しネットを検索してみたんです。
そしたらこんな記事が。
長谷川豊アナ「レギュラー番組降板」で綴ったテレビ大阪への呆れた恨み節
これは!
タイトルからして悪意に満ちている。
読んでみたら、案の定、思い込みと偏見と作為的な引用に満ちたひどい文章でした。
こんなものを記事として配信するなんて、プライドとかないのかな?

この記事には、書き手の名前がありました。
笠原和美さん。
検索してみました。
ほとんど何も出てきません。
最近この人が書いた記事がひとつふたつだけ見つかりました。
そのうちの、高畑淳子の謝罪会見の記事を読んでみたら、案の定ひどいものでした。
教養のある人間とは思えない、感情的な偏見による勝手な断定。
僕はこの騒動があったとき、メディア上のこうした思考停止発言に対する嫌悪感についてブログに書きました(「FUCKテレビ!」)。
まさにそれ。

こんな文章で、お金もらってるの?
なんで?
いや、お金もらってるか知らないけど。
記者?あるいはライター、って呼ぶんでしょうか?
こんなもんでいいなら、誰でもできるクソみたいな仕事と思われても仕方ない。
僕は、そう思いましたよ。
こんな業界、僕は絶対に関わりたくない。
自分とそして他者にも敬意を持って生きるという、人間としての品性を捨てるようなものです。


他のニュースサイトでは、普通に事実だけ伝えているものもありました。
それが、ニュース記事でしょう。
マイナビニュースとAsagei plusはおかしいよ!
お前らの勘違いの悪意を、ニュース記事を装って配信しないでくれよ!


と、気持ち良く帰宅したはずが、思わず怒ってしまった。
寝ます。
おやすみなさい。


0 件のコメント:

コメントを投稿