2016年10月23日日曜日

今日はペーソス

秋田で結婚パーティ演奏をして夜中に寝て9時15分起きて9時半宿を出て東京行きの新幹線に乗って下北沢へ。
今日はペーソスのライブに参加します。
とても楽しみです。

ファンなんです。
ファンだけに、気合いが入ります。
しかも、録音してライブ盤として発売するという。
いい加減な演奏はできない。

今週は、このための準備にかなりの時間を費やしました。
ペーソスは、ボーカルとギターとサックスとMCの4人組。
曲は普通に聞こえるけど実は普通じゃない。
「ヨナ抜き」音階をコードに当てはめながらフレーズを作ることに、なかなか慣れない。
そして、末井さんのサックスが個性的すぎて、そこに絡むのが恐ろしく難しい。
何度も音源を聞いてアレンジを考えて、吹いてみて録音してまた考えて。
ようやく、普通ではない、効果的な、ペーソスの良さを引き立てるプレイができる確信が持てました。
楽しみです。


はじめてペーソスを見た時は衝撃でした。
こんなバンドがいたのか!と興奮しました。
何度か、人を連れてライブを見に行きました。
そんな相手から出演オファーがあるなんて。
嬉しいです。

僕はクラリネットプレイヤーとしてはかなり特殊です。
一般的なクラリネットのイメージとはだいぶズレてる。
アレンジ的に「クラリネットがほしい」という場合には、きっと僕では合わない。
僕に声がかかるのは、「近藤哲平の音がほしい」という場合でしょう。

望んでこういうプレイヤーになったんじゃないし、この立ち位置は一長一短あります。
一般的には、「短」であるケースが多いかもしれない。
今回は、「長」です。
普通に上手いだけのプレイヤーだったら、ペーソスには呼ばれなかったと思います。
嬉しいな。

ここまで時間をかけて準備したライブも久しぶりです。
楽しみです!

0 件のコメント:

コメントを投稿