2018年4月16日月曜日

ジャグフェス、麻田さん、ジム・クエスキン

横浜ジャグバンド・フェスティバル。
クラリネットではなく、ジャグ奏者として参加して、今年で3回目になる。
ギター&ボーカル:W.C.カラス、バンジョー:安達孝行、ウォッシュボード:ベンさん、ハープ:佐々木聡子。 
グルーヴィな面子だ。

ジャグって難しい。
音程が取りづらくて、さらにそれをマイクで拾うとなると、丁寧にムラなく吹かなくてはいけない。
のだが、僕はジャグが本職ではないので開き直って、勢いとリズム感で乗り切っている。
根がロックだから、どうしてもそうなってしまう。
まあ、練習不足、ということも大きいのだけれど。
その、ある意味メチャクチャで振り切った演奏が、一部にウケたりするので、調子に乗って毎年出ている。
まあともかく、この面子で演奏するのは、楽しいから。

全国から、たくさんのバンドが集まる。
一日中、あちこちで演奏が繰り広げられて、知り合いも多いので、あれこれ見て回るのも忙しい。

今年は、トムズ・キャビンの麻田さんも出演していた。
数年前、ジム・クエスキンの日本ツアーにクラリネットで参加したときに、仕切っていたのが麻田さんだった。
一緒に全国を回った。
僕としては、自分が若い頃から聞いてきたミュージシャン、しかも海外の人と一緒にツアーを回れるなんて、こんなラッキーなことはない。
とても嬉しくて感慨深かった。

そのツアー初日の会場だった横浜サムズアップで、いま麻田さんが歌っている。
ジム・クエスキンの曲を演奏している。
その中には、僕がジムとやった曲もある。
ジム・クエスキンは、今に続くジャグバンド・リバイバルを作ったような人だ。
僕が思っていた以上に、ジャグバンド界では別格的な位置にいるんだな、とあらためて痛感する。

そのときのツアーでは、僕はスプーンも演奏したけれど、ジャグバンド界隈との関わりはなかったし、まさか自分がジャグを演奏するようになるとは、思いもしなかった。
それが、月日が経って、ジャグフェスに出ている。
しかも、バンドメンバーのW.C.カラスと安達さんとは、ジムとのツアー中に金沢で出会った。
不思議なつながりを、感じずにはいられない。

自分が楽器をはじめる以前からの、連綿と続く音楽の流れがあることを思って、神妙な気持ちになる。
その流れの中にいることが、とても光栄だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿